女医

日頃の運動や食事で更年期障害の対策をすることができる

具合が悪い時に診察

先生と患者

都筑区の中にはリウマチ科やアレルギー科、内科全般においての治療を可能にしている病院もあります。専門医がいる病院という事からもかかりつけ医として利用されている患者さんも多くあります。また、小児科は子供のための治療を行う専門医がいる病院で、都筑区内にも相談に応じてくれる病院が多数あります。

Read More..

早期発見の難しいがんです

お腹を触る男性

すい臓は胃の裏側に位置し、すい液の産生とホルモンの産生という2つの役割を担っています。すい臓がんは、すい液が通るすい管に起こることが多く、進行すると白目が黄色くなる症状が見られることがあります。手術や化学療法、放射線療法を組み合わせて治療が行われます。

Read More..

喉の奥にできるがん

診断

咽頭がんは、症状があらわれにくいため、定期的に検査を受けて、早期発見することが大切です。咽頭には、上中下の場所があり、がんのできる場所によってあらわれる症状が違います。咽頭がんの治療は、放射線治療と化学療法が行われています。

Read More..

楽に過ごせるように

頭を抱える女性

更年期障害が起こる年齢になると、ちょうど生活が変わる年代でもあります。更年期を迎えると、卵巣から女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなります。これにより、ホルモンバランスが乱れてホットフラッシュ(体のほてり)、スウェッティング(大量の汗)という変調が起こります。これが更年期障害でもあるのですが、原因はホルモンバランスの乱れだけではありません。親の介護や夫の定年といった家庭内でのストレスが、精神的な症状による更年期障害の原因としては大きいです。こうして起こる更年期障害を完全に防ぐことは難しいのですが、症状が出る前から対策することによって予防や軽減することができます。一番の対策は、食生活を見直してバランスの良い食事をとることです。

また更年期障害は女性ホルモンの分泌が減ることにより症状が起こるので、サプリメントを利用するのもお勧めできます。サプリメントの中には、女性ホルモンとよく似た働きをする成分が入っているものがありますので、対策として効果があります。対策として、自分の体の変化に気がつくために、基礎体温をつけるのも大切です。習慣としてつけることにより、ホルモンバランスが変化したときに自分で気がつきます。更年期障害になる前に、自分に合った医師を探しておくのも良いことです。症状が出てから病院を探すよりも、相性の良い医師をみつけているだけで安心できます。こういった事前に用意するという対策も、心に余裕ができるので心理的効果があります。